top of page

イルカのジャンプは深~い話!

10数年前 NLPに出会った頃。

ホワイトボードに大きな水槽の絵が描かれている前で

小さなイルカを持って、イルカのジャンプの話をしてくれた方々のことを思い出します。

(こんな風に言っていたように思います)

「ハワイの海洋研究所でイルカの訓練研究をしてる博士がいました。

・・・イルカはジャンプし、ピーと笛が鳴ればエサがもらえる事を知っています・・・・

今度は いくらジャンプしても笛が鳴りません・・・そして、イルカは何か違った行動をします。(手に持っている小さなイルカがジャンプの動作)・・・ピーと笛が鳴ります・・・・」聴くたびに、私はいるかの気持ちになっていたように思います。

勝手な記憶で書きましたので違っていたらごめんなさい。

その後 この話が 20世紀最大の知の巨人と言われている ベイトソンの「学習とコミュニケーションの階層理論」の事だわ!と言うことに気がつき、もっと知りたくなって「精神の生態学」を買った覚えがあります(笑い)

もちろん 時々部分的に読みましたが1人では全部読み切れずそのまま、何年も過ぎてゆきました。


ベイトソンは NLPの父 とか おじいちゃん などと言われていますが、どんな理論が、NLPのどの部分に反映しているのかなど 知りたくなってきました。



なんだかワクワクしてきています!!

閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page